about

「医薬分業」
患者が薬を必要とする時、医師は処方箋を交付するのみで、直接に薬を売るのを禁じる制度。医師が自分の手元にある薬だけを使ったり、薬を多く使って収入をあげたりする弊害を防ぐのが目的。医薬の開発の早かったアラビア、次いで欧米、中国などはいずれも古来医薬は分業で、医薬同業のうえに築かれた医療制度は日本の特質の一つといってよい。日本でも原則的には医薬分業が明治維新以来の方針で、1956年、その実施促進が叫ばれたが、患者の希望によっては医師の投薬も可能(薬剤師法第19条)なことから、その進展は遅れている。

「薬局」[ヤッキョク](pharmacy)
一定の資格をもつ者が経営するところを「薬舗」、無資格者の経営するところを「薬店」と区別したが、混同されやすいので、89年公布された「薬律」(薬品営業竝薬品取扱規則)では、薬剤師が開設するものを「薬局」と区別した。薬局という言葉の初めである。

「薬店」
薬を売る店。くすりや。

百科事典より抜粋含む


告知広告
最新の経営システム、薬局の院内処方の場合でも、「医薬分業」の弊害を防ぐ方法が必要なだけ、病院に対して利用者が処方出来る仕組の整った経営病院の仕組の有無チェックが必要である。院内処方取扱へと進展中、薬剤師在籍経営での病院の精神科関係者への給与支払いが1〜2週間有名某病院内で遅れ、神出病院(精神科)看護師ら6人逮捕された事件があった頃の話。
今度、NTT西日本のタウンガイド豊中市版の掲載薬店の欄に1つ増えるらしい。

事業者の予定新連絡先(電話番号・ファックス)

BASE
インターネットショップ サポート事業部
電話番号:(06)6848-9831
携帯電話番号:080-1743-8067
FAX(専用):未入力
*電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようにお願いいたします。
連絡先
当ショップ宛名住所(宛名名前でない)に続き「別宅1号無所属事務所」を付け加えてください。
与党推薦